羽織物

妊娠期間の数え方、1週目はどこから?

病院に行って妊娠が確認されると、医師が妊娠の週数を教えてくれます。
そこから、胎児の成長具合や、産み月が予想されるため、妊娠週数を知ることはとても重要なのです。
では、どうやって週数を出しているのでしょうか?

赤ちゃんは「とつきとおか」、10ヶ月と10日で生まれてくると昔から言われています。
しかし最近では、WHO(世界保健機構)によると、受精から出産までの期間は、平均280±15日であることが分かりました。
これにより、生理が来た初日を妊娠0週0日として、7日を一週目として数えるものを妊娠周期と呼びます。
ちなみに、28日が一か月、28日目以降から二か月目に入ります。

それから妊娠40週0日(280日目)が分娩予定日になります。
分娩予定日はあくまで予定であって、必ずしもこの日に生まれるということはありません。

280日も長きに渡る妊娠期間は、初期・中期・後期と分けられます。
妊娠初期である0週~15週6日(1か月目~4ヶ月目)は、つわりなど体調の変化に襲われ、それによって妊娠したことに気付くことが多いようです。
自覚症状が無い場合もあるので、タバコやアルコールの摂取をしていると胎児の発育に大きな打撃を与えます。
また、流産の期間が最も高い時期なので、体調の少しの変化も見逃してはいけません。

妊娠中期の16週~27週6日(5カ月目~7ヶ月目)には、つわりも治まり、安定期と呼ばれる時期に入ります。お母さんも気分がよくなり食欲が増しますので、食べ過ぎには気を付けなくてはなりません。
また、お腹の胎児が著しく成長しますので、性別も判断しやすくなります。

妊娠後期の28週目~39週6日(8か月目~10ヶ月目)は、胎児は完全に人となり、外の声や音を聞くことができるようになります。
また、お腹が下がり、母子ともに出産の準備に入る時期です。

これらの日数は生理周期28日の人の場合の妊娠週数です。
生理の周期は人それぞれなので28日から差を出し、その日数を遅らせて計算して下さい。
妊活中からこれらの知識を付けておくと、受精から予定日まで自分で計算することができるので、ぜひ覚えて役立てましょう!