羽織物

妊活・妊娠中の夏場の外出時には羽織物を

妊活中、妊娠中に共通して気を付けなければいけないことがあります。それは、母体を冷やさないことです。妊活中は身体が冷えていると妊娠しにくくなるため、妊娠中はお腹の胎児が冷えてしまうので「冷え」には気を付けなくてはならないのです。

最近は夏の気温が上昇の一途をたどり、猛暑や酷暑が当たり前になっています。
妊娠中は身体も重く少し動いただけでも汗をかいてしまう時期なのです。
そのために、なるべく薄着をしたい気持ちになるでしょう。
外を行動する時は問題ありませんが、屋外に入ると必ずクーラーがかかっています。
26~28℃が快適な温度と言われていますが、外が暑いとそれに合わせて設定温度も低くされています。
そうなると汗をかいた身体が冷やされてしまいます。
妊娠中の身体を冷やすことはお腹の中の胎児を冷やすことにもつながるのです。

妊婦さんの身体は普段よりも運動不足や体重増加で血行が悪くなっており冷えやすい体質になっているのです。
また、ホルモンの状態が変化しやすいため、自律神経が乱れ血行が悪くなっているのです。
身体が冷えると、水分代謝がしっかり行われず身体がむくんだり、つわりがひどくなったり、腰痛がひどくなったり、便秘になりやすくなります。
ただでさえ大変な時期なのにこれらの症状を悪化させては大変です。

そのために、夏場は羽織ものを一枚持っておくことがおすすめです。
羽織ものを常備しておくことでクーラーからくる冷えを防ぐことができます。
また、首、手首、足首の冷えを防ぐためのポイントにネックウォーマーやレッグウォーマー、アームウォーマーをしておくと身体を温めてくれ、腹巻なども常にしておくとお腹や胎児を冷えから守ってくれます。
羽織ものなどは軽い素材のものを選ぶと持ち運びに便利でしょう。

さらに身体が冷えると、出産時に難産になったり、逆子になるリスクが高くなります。
また、血液が十分に流れずに早産や低出生体重児や流産になりやすくなります。
これらを防ぐために日ごろから身体を冷やさないように気を付けましょう。