羽織物

妊活・妊娠中は虫歯ができやすい?

妊娠中の体調の変化は、口腔内の健康にも影響を与えます。
妊娠中に虫歯になりやすいのは「赤ちゃんにカルシウムを送るため」とよく言われています。
しかし本当の理由はそうではありません。
ではなぜそうなるのか、その理由と対策を見ていきましょう。

妊婦さんが虫歯になりやすい原因にはつわりの存在があります。
つわりを起こすと、匂いや味に過敏に反応します。
普段は大丈夫な匂いでも、少し嗅いだだけで吐き気を感じます。
また、食べ物でなくても歯ブラシなど口に入れただけで「うえっ!」となってしまうもの。
強いミントの歯磨き粉に刺激を感じ口の中に入れるのさえ苦痛になり、ついには歯磨きをほとんどしなくなる人も出てくるのです。
そうなると、口腔内は細菌だらけで、虫歯ができやすい状態になるのです。

そして、妊娠中の食事の仕方にも虫歯になりやすい原因があるのです。
胎児がお腹の中で大きくなると胃が圧迫され、一度に食事をすることができなくなり、少しづつ食べることを繰り返してしまいます。
食べ物を口に入れると口の中が酸性状態になります。
酸性状態は、歯を溶かし歯の再石灰化を妨げ細菌を侵入させやすくするのです。
口の中を常に酸性に保つのは虫歯の進行を助けることになるのです。

さらに、妊娠中はホルモンバランスが変化し、唾液の量が少なくなり、口腔内が酸性になりやすいのです。体調の変化のため仕方がないことなのですが、口の酸性状態を長時間許していたり、歯磨きを怠っていてはどんどん虫歯が増えてしまいます。
対策としては、やはり歯磨きをさぼらないことです。
つわりでつらいでしょうが、虫歯はお腹の健康にもよくありません。
赤ちゃんのためにも、食事の後には歯を磨く習慣をつけましょう。
歯ブラシの他にも糸ようじや歯間ブラシを使って見えないところの食べかすも取りましょう。
また、マウスウォッシュなどで常にうがいをすることも口腔内の細菌を殺菌してくれる働きがあります。
なるべく妊活中からだらだらと食事をするクセを見直し、規則正しく生活することを心がけましょう。

これらの事を参考に、口腔内の健康を保ってください。
やむえず、虫歯になったときはすぐに歯医者を受診しましょう。
妊娠中であってもある程度は治療はできますので放置することだけは避けましょう。
赤ちゃんのためにも虫歯ゼロで毎日健やかに過ごすようにしましょう!